2015年11月24日

スワッグで飾るクリスマス♪

クリスマスには リース や ツリー も良いけれど、
今日はもっと手軽に作れて雰囲気もでる
『 スワッグ 』をご紹介します^ ^

クリスマススワッグ 簡単な作り方

近年流行りはじめてきた『スワッグ』
でも、『スワッグ』って何?って
思われる人もきっと多いですよね。

スワッグ(swag)とはドイツ語で『壁飾り』の意味だとか。



壁に掛ければ『 ウォールスワッグ 』↓

クリスマススワッグ ウォールスワッグ 簡単な作り方



ドアに掛ければ『 ドアスワッグ 』↓

クリスマススワッグ ドアスワッグ 簡単な作り方



ドアノブに掛ければ『 ドアノブスワッグ 』↓

クリスマススワッグ ドアノブスワッグ 簡単な作り方

と呼ばれていたりします。

Xmas風に飾れば『 クリスマススワッグ 』となり、
季節になると、ホテルやデパートの施設の壁や柱に
飾られるので目にしたことも多いはず。

今回はそんな
『 クリスマス スワッグ 』 の簡単な作り方
をご紹介しま~す♪



~ 作り方 ~


①【 イメージ 】

 何処に飾るか考えましょう^ ^

 壁?ドア?サイズは?
 吊るす高さは?
 どうやって吊るす?



②【 準 備 】

クリスマススワッグの作り方 準備 材料 道具


《 材 料 》

 ・クリスマスらしい枝物
  (ヒムロスギ、ブルーアイス、ユーカリ、ヒバ等)

 ・クリスマスらいいドライの実物
  (松カサ、綿、ヒイラギ、シナモン、ハッカク等 )

 ・プリザーブドフラワー、

 ・ラフィアや麻ひも、ワイヤーなど。

 ※昨年のクリスマスに使った材料を
   リメイクしても良いですよ(^ ^)b


《 道 具 》

 ・ 枝切りバサミ

 ・ ニッパー

 ・ ゴミ箱
 
 ・ 養生シート(古新聞紙等)

 ※細いワイヤーならニッパーでなく
   ワイヤー用ハサミでもOKですが、
   よく切れる花ハサミを使うと
   ハサミの刃が痛みキレが悪くなるので
   何も無い時は古いハサミでOK!!



③【 ベース作り 】

クリスマススワッグの作り方 ベース作り 束ね方のコツ

花束を束ねるように
ヒムロスギをラフィアで束ねます。


クリスマススワッグの作り方 ベース作り 束ね方のコツ

先に輪ゴムで軽く束ねてから


クリスマススワッグの作り方 ベース作り 束ね方のコツ

逆さにしてラフィアで縛ると簡単です(^ ^)b

( 乾いたラフィアは湿らせるとしっとりして
  結びやすくなります。その他の資材が濡れ
  ないように水分を軽くふき取って使うと◎ )



④【 飾りつけ 】

クリスマススワッグの作り方 飾りつけ オーナメント

お好みで、にぎやかに沢山飾っても良いですし、
最小限にシンプルに飾っても良いのですが、
簡単でオススメなのは
あまり装飾的にならないナチュラルな感じの
スタイルです^ ^



⑤ 【 セッティング 】

ピンが打てないドアや、吸盤が付かないドアでも
しっかりと簡単に飾れるテクニックをご紹介します
(^^)b


ドアスワッグ セッティング方法 テクニック


同じくらいの重さの飾りを2個作ったら、
それらの飾りをヒモでつなぎます。


ドアスワッグ セッティング方法 テクニック


それぞれかドアの表と裏にくるように、
ドア上部にヒモを掛けるように吊るしたら
ドア上部でヒモをテープかガンタッカー等で
留めます。

この方法はスライドドアには向きませんが、
美しくて、ズレ難く、安価で、簡単なので
是非お試しください♪

本日のTP!(Takashi Point !)


スワッグを簡単に美しく作るなら、
あまり型にはめた感じで作り込み過ぎないで、
枝ぶりを活かしナチュラルな感じで束ねると◎
アクセントに赤いプリザーブドフラワーなどを
少し添えても素敵ですよ~♪