2015年1月01日

Happy New Year 2015

新年
明けまして
おめでとうございます。

昨年は皆様より
あたたかいお声やサポートをいただき
大変ありがとうございました。

本年も書き続けていきますので
『 タカシのウチ花 』 をどうぞよろしく
お願い申し上げます。

画像① アマリリス お正月 飾り方 アレンジ 作り方 コツ

今年は羊年ということで
羊のパペットを妻と一緒に
2014年の年末に制作しました^^

イメージテーマは
『 花のある暮らし2015 』
今年も日々の暮らしの中で花を取り入れて
楽しむライフスタイルを提案していけたら
いいなぁという思いで作りました。

ワイヤー、紙粘土、布、フェルト、ピン
などの材料を使って、
バスケットとジョーロ以外は
全て手作りしました^^


本日のTP!(Takashi Point !)


お花+αで、お花の楽しみ方は
ぐ~っと広がります。

花のある暮らしを楽しむヒントは
身の周りに沢山あります♪
ご自身で探してみたり
『 タカシのウチ花 』を参考にしながら、
ご自身のライフスタイルにアレンジして
どんどん楽しんでください(^^)b



2015年1月14日

フロールエバーカタログ2015に作品掲載

みなさんこんにちは。

年も明けて2015年。
今週からお仕事が始まった方も
多いのではないでしょうか^ ^
 
仕事と言えば
フロールエバーさんのカタログに
今年も僕が作った作例作品を
掲載させていただきました。



ご存知の方も多いかもしれませんが、
『 フロールエバー(florever) 』 は
知る人ぞ知る
プリザーブドローズの老舗ブランドで
高く安定した品質が特徴です。

大きなプリザーブドローズは
安定した品質管理がとても難しいと
言われていますが、
フロールエバーさんの商品には
花径が約7.5~10㎝もある大輪の
プリザーブドローズがあるんですよ~!



で、この作例写真の大きなバラがそれ^ ^

2015年カタログでも最も大きなバラ
なんです。

今年はそんな立派な商品の作例作品を
作らせて頂き、撮影いただきました♪



今回、プレミアムローズの
作例作品をデザインする上で
僕が特に留意した点は3点。

①プレミアムローズの特徴である
   圧倒的な存在感と高級感を伝える

プレミアムローズの特徴である
 
その大きさをしっかり写真で伝える


③そのままギフト商品として販売と
  配送ができるものを提案する


伝わっていますでしょうか?


デザインは感じて頂くものなんで
解説するのはヤボってもんですが、
『 タカシのウチ花 』をご覧くださっている
お花好きな皆様には、こっそりと手短に
解説しますねっ^^;


【①について】

 一言で言えば
 イメージは 『 王 』 です。
 王の一輪が持つ圧倒的な存在感、
 そのプレミアムな価値を示すために
 その他の資材や花材だったり、
 テクニックやスタイルをセレクト
 しました。

【②について】
  
 写真上ではサイズ感覚が
 現実とは全く異なります。
 その一枚の写真世界の中で
 どうすればサイズ感が伝わる
 のかを考えてデザインしました。

【③について】
 
 より多くのフローリストに
 使っていただく事を考えました。
 デザイナーとしての
 装花技術を誇示するのではなく、
 むしろ誰にでも作れる
 プレミアムローズならではの商品
 という一つの商品提案です。
 


本日のTP!(Takashi Point !)


デザインは
誰のために創るのか?
何のために創るのか?
デザインした結果
その目的を達成できるのか?を
明確に意識して作る事が大切(^ ^)b




2015年1月19日

チューリップを楽しむプチアレンジメント

今頃から3か月(1~3月)の期間って
切り花が
最も楽しい期間かもしれません^^

ラナンキュラス、アネモネ、スイートピー
チューリップ、ヒヤシンスなどなど、
かわいい春花はいろいろありますが、
今日はチューリップをメインに使った
小さなアレンジメントをご紹介しますねっ。



チューリップは茎もきれいなので、
花束にして花瓶に活けても素敵ですが、
そちらの方が少し難しいので、
今回はより手軽なアレンジメントの
作り方をご紹介します^^



【 作り方 】


① 材料準備


コップくらいの小さ目の花器に
水を吸わせた吸水性スポンジを入れ、
チューリップや春のお花を用意します。

主役にする花(チューリップ)よりも
小さな花を合わせると、
より主役が引き立ち易くなります(^^)b



② 主役の花を挿す


挿す順番はいろいろな考え方があり
コレと決まったものはありませんが、
初心者の方は
大きな花(今回はチューリップ)や
長い花(今回はアスチルベ)から挿すと
バランスがとり易いですよ^^

打ち上げ花火が咲くように
花器の中心から外側に向けて
花が咲くような角度で挿してみましょう。

長さはお好みですが、花器のフチから
お花の部分が出るくらいの長さで挿すと
器からお花が溢れているようなイメージ
且つ器が小さすぎないサイズで
アレンジを挿すことが出来ます(^^)b



③ 残りの花を挿す



大きな花、長い花が挿せたら
残りのお花でバランスを取るように
挿して完成させて見ましょう。

隣あった花に高低差を付けながら挿すと
アレンジメントに柔らかさや
躍動感のあるリズムが出てきます
(^^)b


★ご自宅でお花を飾りたい方には
  こちらの商品がとっても便利!!
  新鮮な旬の花が
  お求めやすい価格で購入できます^^
  ↓

お花のフレッシュ便

今回は チューリップ ラナンキュラス

   
 

★お花のフレッシュ便「チューリップ」

・税込み:2,180円(本体価格:2,019円)
・配送期間:01月31日~02月01日
  

★花のフレッシュ便「ラナンキュラス」

・税込み:2,980円(本体価格:2,760円)
・配送期間:01月31日~02月01日




本日のTP!(Takashi Point !)

コップサイズの花器で挿せば
それほど大きくないチューリップでも
主役としてアレンジメントを飾れます。


次回は・・・
透明なガラスの花瓶に
チューリップを素敵に飾るコツを
ご紹介します♪
ワンランク上の定番の飾り方なので
見逃せませんよっ^^



2015年1月23日

チューリップの花束をもらったら・・・


1月31日は何の日かご存知ですか?

1と31を並べると ⇒ 131

そう!

アイ サ イ(愛妻)の日ですね!!

愛妻の日のテーマフラワーは
「 永遠の愛 」という花言葉を持つ
 チューリップです☆

もしかしたら、旦那さんや彼氏から
チューリップの花束をもらえるかも?
と思った方も、思わない方も
本日の『 タカシのウチ花 』は必見!!

ガラスの花瓶にチューリップを
簡単に素敵に飾るコツを
動画も使ってどーんとご紹介します☆





ちょとしたコツがわかると
グッと素敵に飾れるようになるので
ご紹介しますね(^_-)-☆



【 作り方 】


❶ 事前準備



    葉を綺麗に取る・・・。
  といえばそれまでですが、
  取り方にはコツがいるので
  動画をご覧ください^^
 (※画像をクリックすると
    YouTubeに繋がります。)
 (※音は出ないのでご安心を♪)

 
❷ 束ねる


  花束の束ね方は
  また今度の機会に紹介します。

  束ねる前に切り落とした葉は
  別添えで綺麗に飾れますので、
  切り口を水に浸けてとっておき
  最後に加えると◎。

  透明なガラス花瓶を使う時は
  花を束ねる紐も見えますので
  ラフィアなど見えても素敵な
  紐を使いましょう(^^)b


❸ 花瓶に飾る


  茎の切り口は花瓶底に着いている
  必要はありません。
  上の写真のように斜めに飾っても
  OKです。
  美しいと思った方で飾りましょう。

  お水の量は葉がつからない程度に
  入れてあげるとOK。
  チューリップは水の吸い上げが
  とても良いので、少しの量でも
  切り口が水に浸かっていれば
  十分吸水してくれます。




≪ 今日の花 ≫

 今日飾ったお花の名前は
 チューリップ(ケープランドギフト)。
 八重咲きで複色系の人気品種。
 外側のピンクより内側のピンクが
 少し濃い色をしていてとても素敵♪
 ギフトととしても喜ばれそうな
 お花です^^



愛妻の日にプレゼントする(される)
花束はやはりチューリップの花束が
人気です。

  
TH2414
 花束「ラブハート」
ご注文〆切日:2/13



★花束をもらえなかった方も大丈夫!!

  日比谷花壇のチューリップが
  お求めやすい価格で購入できます^^
    『 期間限定 』なのでお早めに!
  ↓

お花のフレッシュ便

今回は チューリップ ラナンキュラス

   
 

★お花のフレッシュ便「チューリップ」

・税込み:2,180円(本体価格:2,019円)
・配送期間:01月31日~02月01日
  

★花のフレッシュ便「ラナンキュラス」

・税込み:2,980円(本体価格:2,760円)
・配送期間:01月31日~02月01日




本日のTP!(Takashi Point !)

1/31は愛妻の日で
テーマフラワーはチューリップ。
花言葉は『 永遠の愛 』!

そのチューリップを
ガラス花瓶に飾るときは
葉や茎を整理すると、より
花の美しさが引き立ちます(^^)b