2013年5月26日

Rose of May(5月のバラ)

母の日の忙しさを理由に
ブログを少しお休みしていました^^;

今、お花屋さんの店頭ではシャクヤクが賑わっていますよっ♪
それもそのはず、今がシャクヤク(Rose of May)の旬です。




開花するにつれて華やかで優雅な花姿を現すシャクヤク。
その名前の由来は
『綽約(しゃくやく)』から来たと言われています。
( 綽約 :「 しとやかで美しい 」の意味 )

フランスでは「聖母のバラ」、スペイン・イタリアでは
「山のバラ」と呼ばれているシャクヤクですが、
ヨーロッパではRose of May(5月のバラ)とも称され、
初夏を飾る花として広く愛されています。
( ヨーロッパでは美しい花をバラに例えて
  「 〇〇のバラ 」と呼んだりするそうですよ(^^)b )




ちなみに上の画像(2枚)の芍薬はルーズベルトという品種で、
ロージー・グリーンの豪華な香りとふんわりしたカップ咲きが魅力♪
バラって呼ばれるのも頷けますね^^

蕾の時はゾウゾウ君くらいでしたが、
開花してみるとその何倍にも大きな花姿となります。
簡単に飾れて、尚且つ長持ちし易いように
グラスに一輪だけゆったりと飾ってみました^^



期間限定『 芍薬 』

品種は指定できませんが、ご自宅でも使い易い
中輪系のシャクヤクをご用意させて頂きました。



本日のTP!(Takashi Point !)

【 堅いつぼみを上手に咲かせるには 】

①葉っぱを概ねとり、茎を斜めにカットしてから
 素早くお水に浸けてあげてください。

②つぼみに霧吹きで水をかけて湿らせてから
 つぼみに付いている蜜を布巾でふきとってください。

③人間が涼しいと感じる程度の温度に置いて
 ゆっくり咲かせてください。
 その時、花が隣の花などに触れない程度に
 ゆったりとさせて開花をお楽しみください。

④茎は短く、花はゆったりしたスペースで飾り、
 水はこまめに変えて新しくしましょう。

 
これだけで、より美しく、より長く楽しめます!